男の人と女の人

人命救助のために積極的にAEDを設置しよう

  1. ホーム
  2. 導入による企業イメージ

導入による企業イメージ

レディ

日本においては、景気への不安が長期間にわたり国民の生活も様々な変化がもたらされています。各企業については、経営利益を上げるための努力が行われていて、企業イメージの向上などの努力が行われています。会社によっては、社会貢献のための活動やサポートが積極的に行われており、その一つとしてAEDの導入を行う会社も見られています。AEDは、心臓発作などにより急に倒れてしまった人に使われる医療機械です。この機械は、心臓から血液が送られない状態となる致死的不整脈への治療を行うための特殊な医療機器であり、過去にもAEDを使った救命事例が報告されています。AEDは、救急車が来るまでの間使われるために、街中ですぐに使える場所においてあることが重要となりますが、この医療機械を導入することは費用がかかります。各自治体でも公共施設への設置を進めていますが、普及が進んでいないのが現状です。そこで民間企業でも、各企業で独自に配置整備している会社も見られるようになりました。街中での設置普及が必要なこのAEDを設置することで、社会貢献することが出来ると考える企業もあります。AEDを導入することで様々なメリットがあり、社員の命を守る事を始めとして周辺住民との協力体制を構築し、さらには企業イメージの向上などの効果が期待できると考えます。厚生労働省のガイドラインでは各企業への普及導入を進めることが将来へのビジョンとして進められており、救命率の向上へつながります。