男の人と女の人

人命救助のために積極的にAEDを設置しよう

  1. ホーム
  2. 心臓発作が起こしたら

心臓発作が起こしたら

AED

初めてでも簡単に使える

心臓が動きを止めてしまうと、血液と共に運ばれる酸素が細胞に届かなくなります。酸素がないと細胞が壊れてしまう為、心停止して10分以上たつと蘇生術を行っても快復できずにほとんどの人が亡くなってしまいます。止まった心臓に電気ショックを与えて再び鼓動させる働きをするのがAEDです。心停止しても数分以内にAEDを施せば命を守ることができるだけでなく、後遺症も防ぐことができます。AEDの使い方は簡単です。心停止している人の胸の右上と左下に電極パットを貼りつけた後、ボタンを押すだけで電気ショックが行われます。電源を入れれば音声で使い方説明をしてくれるので、今までAEDを使用したことがない人でも簡単に扱えます。心停止を起こしていても電気ショックが必要ではない場合があります。電気ショックで回復させることができるのは、心臓が心室細動といって細かく痙攣している時だけです。心室細動でない場合には、AEDが心電図を解析して電気ショックが不要だと教えてくれます。そういった場合には救急車が来るまで胸骨圧迫を続ける必要があります。心停止を起こした人に対してAEDを行ったことで、後遺症もなく回復した例が多数あります。大勢の人が集まる場所や運動を行う場所にはAEDを設置しておいた方が良いでしょう。またいざという時にすぐに使用できるよう定期的にメンテナンスをしておくことも大切です。使った事がない人でも簡単に使用できますが、使い方講習を受けておくと落ち着いて対処できます。